会社案内

コンテンツここから

沿革

エネルギッシュに進化するサイネックスグループ

1953
三重県松阪市において「近畿電話通信社」を創業
1956
岐阜県大垣市で本格的な電話帳第1号を発行
1958
大阪市に進出。阿倍野区に本拠を置く
1965
埼玉県大宮市(現さいたま市)に支店第1号を開設
1966
近畿電話通信社を改組、株式会社商工通信を設立
近畿・関東・九州へ積極的に進出を図り、各地に支店網を整備、営業地盤の拡張を図る
1971
編集製版部門を独立し、三重県松阪市に商工プロセス株式会社を設立
1977
商工プロセス株式会社を商工印刷工業株式会社と社名変更
1985
CIを導入し、電話帳に「テレパル50」とブランド名を冠し、マーク、社名ロゴを一新
1986
大阪市中央区に本社新社屋完成
1988
都市戦略製品ニューページ事業を開始
1990
商工印刷工業株式会社を合併
1991
関連会社6社を合併し株式会社サイネックスと社名変更
1996
ニュービジネス協議会において、「テレパル50」の電話帳発行でニュービジネス大賞「アイディア賞」受賞
1998
サイネックス ホームページ開設
インターネット事業「テレパル2001」を開始
2000
「テレパル2001」を進化させ、地域情報サイト「CityDO!」「テレパル50」とリンクして開始
2001
NTT西日本と番号情報データベース「TDIS」利用契約の第一号として締結
2003
創業50周年を迎える
 
大阪証券取引所「ヘラクレス(現JASDAQ)」市場に上場
2004
2005
新会社「サイネックス・イーシーネット(現 サイネックス・ネットワーク)」を設立
飲食事業者向けB2B型のポータルサイト「食彩ネット」を運営
2007
大阪府和泉市において官民協働事業による「暮らしの便利帳」を発行
 
ヤフー株式会社と資本および業務提携契約締結
2008
オーバーチュア株式会社(現 ヤフー株式会社)の検索連動型広告「スポンサードサーチ®」を全国で展開
2009
市民便利帳等地域行政情報誌の統一ブランドとして「わが街事典」を導入
2011
滋賀県大津市との「大津市暮らしの便利帳」発刊により「わが街事典」の発行200自治体を達成
2012
秋田県秋田市との「秋田市民便利帳」発刊により「わが街事典」の発行全国300自治体を達成
地域特産品販売サイト『わが街とくさんネット』オープン
2013
埼玉県さいたま市との「さいたま市ガイドブック」発刊により「わが街事典」発行全国400自治体を達成
ふるさと納税制度プロモーションサイト『わが街ふるさと納税』オープン
2014
茨城県笠間市と「ふるさと寄附金制度の一括業務代行に関する協定」を締結、ふるさと納税制度活性化支援事業を開始
三重県朝日町との「朝日町暮らしの便利帳」発刊により「わが街事典」発行全国500自治体を達成
2015
東京証券取引所市場第二部に上場市場変更
熊本県菊池市との「菊池市暮らしの便利帳」発刊により「わが街事典」発行全国600自治体を達成
郵便発送代行事業を営む株式会社エルネットを連結子会社化
2016
株式会社スマートバリューと自治体支援で業務提携
コンテンツここまで