会社案内

コンテンツここから

官民協働事業のパイオニア

官と民をつなぐ。新しい公共のカタチ。

サイネックスが考える新しい公共とは、公共サービスをコストセンターにしないで、収益を上げられるものにしていく発想。税収を上げる産業振興、コストを抑える行財政改革と並行して、公共サービスに民間活力を導入し、民間の資金と民間のマネージメントで取り組み、財政負担なく市民の皆様に喜ばれる公共サービスを実現できるという考え方です。

新しい公共のカタチ

官民協働による事業から、地域の活性化をめざす。

サイネックスは新しい公共のカタチとして、サービスの低下が懸念される公共の分野に民間の力を活かすことができないかという思いから、地方自治体と連携して官民協働で行政情報に携わる事業を手がけています。行政と民間とが一体となって取り組むことに、地域活性化の基盤が形成され、官民協働の理念や発想ができると確信しています。

行政にまつわる様々なことに貢献
コンテンツここまで