地方創生の実現を支援するプラットフォーム

トピックスTOPICS

HOME

奈良県と5市町が連携してAIシステムを本格運用

  • 2019年10月1日

 今般、奈良県及び奈良県内5市町と官民協働の精神に基づき、ICTを活用した住民サービスの向上、業務の効率化を支援し、行政サービスを拡充する為、24時間365日利用可能なAIチャットボットを10月1日より公開いたしました。
 このように県と市町村が連携してAIシステムを本格運用するのは、全国初の取組となっています。

 本システムは、LINEをインターフェースとし、スマートフォンより利用可能なチャットボットであり、利用者は奈良県及び奈良県内5市町とLINEの友達追加をすることで利用が可能となります。
 利用者が入力する自由なテキスト形式による問合わせに対し、自動的に、あらかじめ準備したFAQの中から回答を表示いたします。
 本システムを導入することにより、開庁時間外での問合わせが可能となり、自治体職員の業務の効率化と住民サービスの迅速な対応として有効な手段と考えております。

導入自治体:奈良県、大和郡山市、宇陀市、田原本町、王寺町、広陵町

・LINEお友達追加用QRコード

JPX|東証一部上場 証券コード 2376

ページトップへ